Pages

2012年10月16日火曜日

ドイツのHausarzt制度。

こんにちは!

ここのところ帰国中に事故にあったり婦人科検診があったりで
病院にいくことが多かったのでついでに投稿します。

ドイツでは、日本でいうかかりつけ医のようなものがあり、
Hausarztと呼ばれています。ドイツの保険に加入している場合(ワーホリや旅行者向けのものば該当しないことがありますが。AOKは勿論適用されます。)3ヶ月に一度だけ初診料のようなもの10ユーロを支払うと、その後はそのかかりつけ医に行っても婦人科に行っても眼科に行っても皮膚科に行っても診察料はかかりません。

通常は、何かあったらとりあえずかかりつけに行って、その後専門医へ紹介状を書いてもらってという順序なので、かかりつけ医で10ユーロを払うことになります。(歯科は別)

ですが、たとえば女性の場合は婦人科検診のように半年に一度行くことが義務付けられていて数ヶ月前に予約を入れてしまうこともしばしば。
そういう場合は婦人科医に10ユーロ払うのですが、その場合はその後にもしかかりつけ医にかかることがあれば、3ヶ月(123,456,789,101112の区切りです)はかかりつけ医に10ユーロ払わなくてよくなります。
そのために婦人科医から10ユーロもらっていますって言う証明書をもらいます。
もしかかりつけ医にすぐかかる必要がある際はこれをもっていけば診察料はかかりません!

ドイツでは、基本的にお薬代だけ。入院した場合や手術の場合はお薬代もかかりません。
ただし歯医者は日本同様差し歯入れ歯は高いのですが、定期健診に毎年行っていると割引が聞いたりします。(まあ10年も20年も続けないといけないのですが)

と言うわけでもしかかりつけ医以外でお金払った際はその証明書は領収書と間違えて捨ててしまわないようにしましょう!


お役にたてたら、清き1票をお願いします♪
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

0 件のコメント:

コメントを投稿

ごあいさつ

ご訪問ありがとうございます。
Gomyのブログへようこそ。

このブログでは、ドイツまたは日本でのワーキングホリデービザ取得や、 ドイツ・日本での結婚に関する手続き関係・語学学校の情報手続きなどを掲載しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ にほんブログ村 恋愛ブログへ