Pages

2012年5月29日火曜日

ドイツ人とのハーフのこの国籍について

 先日ドイツで出産しましたが、ドイツで出産し、片方の親がドイツ人であれば、自動的にドイツ国籍が取得できます。
相方がドイツ人の場合はその手続きは任せるとして、日本人サイドでは日本国籍の取得を進めなければなりません。
なお、ドイツで出生した場合は3か月以内に在独領事館に届け出るか、または帰国する機会があれば、最寄りの役所で届け出ることができます。

私は生後4週間ほどで一時帰国しましたので、実家に帰ってそこの最寄りの区役所で届け出をしました。

その時に必要なものは、ドイツの戸籍役場で発行してもらえる出生証明書とその翻訳と、役場に置いてある出生届です。

ドイツの出生証明書は2通必要という情報を得たのですが、実際に行ってみると、一通で良いですとのことでした。
もしかすると領事館で届け出をする場合は2通なのかもしれません。

そして、翻訳も自分で行ってOKです。
翻訳したら余白の部分に自分の名前と住所を書いて完了です。

なので、

●出生証明書 1通(一応インターナショナルバージョンにしましたがどちらでもいいそうです。)
●上記の日本語訳 1通(自分で訳してOK)
●出生届 1通(届け出る場所に置いてあります)

この3枚だけ。

これまでの結婚などの準備に比べるとうそのように楽ちんです。
なお、日本国内で届け出た場合は10日~14日程度で戸籍が完成します。(=戸籍謄本が取れます)
領事館の場合はもっと時間がかかったと思います。

また、出生届をしなければもちろんパスポートは作れませんが、出生届を出した際に発行してもらえる証明書で前倒しでパスポートの申請はすることができます。でも、受取には戸籍謄本または妙本をを持っていかなければなりません。




お役にたてたら、清き1票をお願いします♪
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

0 件のコメント:

コメントを投稿

ごあいさつ

ご訪問ありがとうございます。
Gomyのブログへようこそ。

このブログでは、ドイツまたは日本でのワーキングホリデービザ取得や、 ドイツ・日本での結婚に関する手続き関係・語学学校の情報手続きなどを掲載しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ にほんブログ村 恋愛ブログへ